サポート校のあれこれ

サポート校とは?

サポート校とは? 家庭の事情などで通信制高校の道を選ばれた方がいらっしゃることでしょう。
通信制高校の補助的役割を行う学校をサポート校といいます。
塾や予備校のようなところです。
サポート校とは学校法人が主に経営を行っています。
日本全国にありネットで検索ができます。
通学スタイルも様々で週5コースや、土曜日のみといった形態があります。
服装も自由です。
年に1週間くらいスクーリングといって登校日があります。
サポート校単独では高校卒業資格は得られませんが普通高校とは一味違った専門的カリキュラムを学べるコースもあります。
資格取得コースもあり、就職や転職での即戦力を目指します。
働きながら通信制高校の学習を行う傍らサポート校では自分の趣味や特技を伸ばしていくことが可能となります。
進路は普通科高校のち大学あるいは専門学校だけではなく、他の進路があるということも知っていただきたいです。
どのような学校か実際目で見てみないと実感がわかないことでしょう。
資料請求も受け付けております。
一度ご覧になってみてください。

サポート校で出来る事

サポート校で出来る事 サポート校と呼ばれる学校が注目されるようになってきました。
進学先として考える人も増えてきましたが、ここでは何が出来るのでしょうか。
 サポート校は、もともと通信制高校に通う学生や、高校へ行かずに高等学校卒業程度認定試験を受ける人への学習支援を行う施設のことです。
通信制や個人で資格を目指す人は、勉強を独学で行っています。
そのため、途中で挫折したり、留年を繰り返してしまうことがないよう、学習についてや精神的なサポートを行うことを目的をしています。
 また、進学塾が運営しているサポート校では、難関大学を受験するための特別コースや、家庭教師を派遣してくれるようなコースもあります。
専門学校が運営しているところでは、美容や音楽など、様々な専門コースを学ぶことが出来ます。
芸能やスポーツなどの活動をしている人など、自分のやりたいことをしながら勉強出来るという点でも人気があります。
普通の全日制高校では出来ないこともで出来るというところが、サポート校の魅力と言えるかもしれません。